ANIME,GAME & COMICS YAMADA

トップへ    サイトマップへ

4.ゲームの攻略法の探し方

個別のゲームの攻略法を書くわけではありませんが、攻略できないゲームを解く時にこうすれば攻略法が探せるよ、というちょっとしたアドバイスです。
すっごくあたりまえの事ばかりですが、意外に気が付かなかったり、忘れたりしているかもしれない事ばかり。
ゲーム攻略に息詰まった時読んでみては?

  1.説明書
  2.攻略本
  3.友達
  4.攻略サイ
  5.雑誌

1.説明書 

ゲームソフトの説明書です。あんまり読まずにゲームを始める人が多いのでは?
でも、説明書には大切な事がいっぱい書かれています。
あんまりあたりまえのことですが、ゲームをするとき、一番始めに見る筈の攻略本です。
ゲームのストーリーのさわりの部分、目的、コントローラーの使い方、コマンドの入力の仕方、魔法とその効力、アイテム(初期に出てくるもののみの事が多いが)、ゲーム初期の攻略の仕方、等々、必ず知っておきたい事を書いてくれています。ちょっとした疑問の場合、答えが書かれている事だってありますから、あんまり、あなどれないですよ。
後、ゲームの設定の変更の仕方とかを書いている事もよくあります。BGMの変更や、せりふの表示スピード、コントローラーのボタンの設定とか、ソフトにより、できる事は千差万別ですが、使いやすいとか、お気に入りの設定でやる方が、ゲームも解きやすいかも。

2.攻略本 

説明書だけでは、当然分からないところがいっぱいです。根性でやってもだめな時、攻略本に頼りますよね。でも、攻略本って一つのタイトルについて何冊もでています。どこが知りたいかが明確な場合は簡単です。
ダンジョンの攻略法が知りたいなら、マップの充実したものがいいし、配合の組み合わせを知りたいなら、配合表の付いたものとか、充実したものを選べばいいわけですが、どこが分からないのかが明確でない場合はどうするか?
まあ、無難なのは”公式”と書かれているものでしょう。公式の攻略本は、基本的に、メーカーの意図したゲーム展開にあった作りになっています。だからはずしはあまりないでしょう。
じゃ、公式でないやつはダメかというと、そんなことはありません。各出版社が腕によりをかけてつくっているはずだし、同じゲームについてだったら、根本的には同じ事を書いています。
こういう時は、自分が見やすいものを選ぶ、としか言いようがありません。写真の多いもののほうがみやすい人、じゃまんなるから薄っぺらくて安いほうがいい人、お好みで選んでください。
シミュレーション系はやや厚めの内容の濃そうなもののほうが最終的にはいいかもしれません。特にやり込みゲーマーなら、データの豊富なものがいいでしょう。
アクション系(アクションRPGもそうかも)は、マップの充実したもの。マップの内容の細かさもあるけど、ゲームしながら見るわけですから、マップが大き目の方が使いやすいかも知れません。もちろん、イベント、トリックの場所が分かりやすいことも大切です。

3.友達 

”ゲームにいきずまった時、教えてくれる友達がいりゃー、最初っからきいとるわ”というご意見はごもっとも。でも、同じゲームをやってる友達がいれば、情報交換という手もあります。それに、攻略本の貸し借りという手もあります。ギブ&テイクが原則ですが、一応友達あたってみるのもいいかも。
特に、近頃、データ交換したり対戦できるゲームボーイのソフトも多いし、うまくいけば、2〜3倍楽しめる可能性もあります。
いろいろなサイトの掲示板、チャット・ルームで、友達を増やす、という手もありますが。

4.攻略サイト 

何個所もあたってみましたが、比較的多いのは、データ集です。
あとは、掲示板に書いておいて、詳しい人の回答とかヒントを待つ、といったのが、いっぱいありました。
近いうちにゲーム攻略サイトのリンク集作成を予定してます。あまり、期待しないで待っててね。

 5.雑誌

ファミ通とか、電撃プレイステーションとか、書店にいくと、いっぱい並んでます。
ある程度、ゲームをやっている人なら何度も読んでると思います。
でも、ゲーム始めたばっかりの人はあまり読んでないみたい。
大体が、新作ゲームの情報、テストプレイの感想、発売日カレンダー、攻略ページ、読者の投稿、メーカーの情報、イベントの情報、イベントの参加レポート、ゲームのレビュー等の記事で構成されています。
雑誌によって、主力のハードが異なります。自分のハードにあった雑誌をえらんでください。
この手の雑誌は、新作ソフトの攻略ページが充実しているものがたくさんあります。表紙にどのソフトの特集号か書いてあります。チェックして買いましょう。
ただし、古めのゲームの攻略法を探すには不向きです。(あたりまえね)

戻る次へ