ANIME,GAME & COMICS YAMADA

トップへ    サイトマップへ

2.ゲームのジャンル・カテゴリー・分類

   ゲーム初心者に分かりにくいものの一つに、ゲームのジャンル(カテゴリー・分類)が、あります。RPG、とかシミュレーションとか、シューティング、アドベンチャー等など。言葉としては知っていても、ゲーム用語としては、いまひとつ分かりにくい、これらの言葉をこの章では、説明します。
    まず、お断りしておきますが、これらの分類の仕方は、人によって少しづつ異なるため、ここで説明したものが、すべてに正確に当てはまる訳では決してないという事です。なるべく、一般的な解釈にそっていくつもりですが、もしかしたら、とても偏ったものである可能性もあります。あくまで参考程度に捉えてください。
RPG
    コマンド入力タイプ
    アクションRPG
    シミュレーションRPG
シミュレーション
    戦争シミュレーション
    歴史シミュレーション
    育成シミュレーション
    恋愛シミュレーション
    経営シミュレーション
    競馬シミュレーション
    その他
アドベンチャー
     アクション・アドベンチャー
    サウンド・ノベル
シューティング
    3Dシューティング
    ガン・シューティング
アクション
    対戦格闘
スポーツ
ボード(テーブル・ゲーム)
    パチンコ。パチスロ
パズル
    落ちゲー
    アクション・パズル
その他

RPG

  ロール・プレイング・ゲームの略。プレイヤーはゲームの主人公になりきり、与えられた使命、目的等を果たす。町の人の話を聞いたり、ちょっとした頼まれごとを果たしたりしながら、最終目的へのヒントやアドバイスを集め、敵キャラをたおしながら旅をしていく。最終目的を果たした段階でゲーム終了。ゲームによっては、新しい目的が与えられる。一応、最終目的は、決まっているが、初めから教えてくれる場合、ゲームを進めるうちに、次第に分かってくる場合などがある。
  また、マルチ・エンディングと呼ばれる方式のものもある。この場合は、ハッピー・エンドの他に、バッド・エンディングも用意されていて、途中の道筋、解いたイベントの種類とか、解き方、数など色々な要素でかわっていく。エンディングは別にハッピーとバッド、各一つづつという訳でなく、何種類かよういされていることが多い。
  たいていは主人公のレベルをどんどん上げていくと、強くなり、行ける所も増えていく。ファンタジー系のものが比較的多く、剣や魔法、マジック・アイテム満載。他に、未来、過去、現代、宇宙とありとあらゆるところが舞台になっている。

    コマンド入力タイプ
  文字どおり、主役キャラもしくは、そのパーティーの次の行動を画面ウィンドウ内のコマンドから選んで入力し、ゲームを進めていく。例えば、”はなす”とか、”たたかう””雷の魔法””モンスター・1”とか、”にげる”等。ドラゴン・クエストや、ポケット・モンスターなどがこのタイプ。

    アクションRPG
  戦闘のとき、コマンドを入力するのではなく、コントローラーで、剣を振ったり、魔法をかけたりして闘う。RPGゲームの戦闘シーンだけが、アクション・ゲームになっているといった具合。ファイナル・ファンタジーや聖剣伝説等。
    シミュレーション・RPG
  アクション・RPGが、戦闘時、直接戦うのに比べて、コマンドはコマンドだか、”たたかう”ではなく、”戦士を右上へ、魔法使いを前方へ配置、僧侶は後方支援”といったように、細かく設定して戦略的な戦闘方法指示をし、敵を倒していくタイプ。オウガ・バトルやフロント・ミッション・スーパー・ロボット大戦等。

シミュレーション

  戦略を立てて敵を攻略していくゲーム。こういう行動をとれば、次に相手が、どう対応するかを予測し、自分の行動を決定する。多岐に渡る行動を選択できるが、同じく相手の対応もそれに応じて多岐に渡るため、じっくり考えて選択しないと、自分の(主人公)の目的か果たせなくなることがある。ちょっと、説明し難いカテゴリーである。

    戦争シミュレーション
  第二次大戦で日本が大勝していたら、多分その後の歴史は大きく変わるだろうが、このタイプでは、その後の歴史の変化ではなく、この戦闘時に、もしこの戦術で戦っていたら、戦況はどう変化したか、を楽しむゲーム。自分と相手の戦力差を勘案し戦況を見極め、戦略を練り、敵を撃破していく。当然最終目的は勝利。提督の決断やヨーロッパ戦線等。

    歴史シミュレーション
  歴史にifはない、とよく言うが、ここでは、歴史にifがある。もし、織田 信長が、本能寺で死んでいなかったら?を自分が信長になり本能寺を生き延び、戦いつづける、とかいった感じ。三国志や日本の戦国時代などの題材が多い。三国志シリーズ、太閤立志伝等。

    育成シミュレーション
  読んでの通り、なにかを育てるゲーム。子どもだったり、町だったり、動物だったり、ペットだったりするが、とにかく、それらを、目標にそってか、自分の好みがに育て上げるのが、目的。 プリンセス・メーカー、シム・シティ、たまごっち等 。

    恋愛シミュレーション
  女の子とデートしたり、プレゼントしたり、電話したり、場合によっては、バイトしたり、とにかく、青春するゲーム。最終目的は、相手の女の子に告白する、時には、告白されてのハッピーエンド。代表作は超有名な、ときめきメモリアル。

    経営シミュレーション
  社長になって、あなたの企業を業界一にしよう。というゲーム。業種は色々。航空会社、パソコンメーカー、ゲームソフト会社、パチンコ店、コンビニ、鉄道会社等々、色々ある。やってみたかったあの仕事、憧れていたこの仕事に挑戦できるゲーム。エア・マネージメントとか、ザ・コンビニとか。

    競馬シミュレーション
  競馬の場合、実在の競走馬のデータを入れて、どの馬が勝つかを、予想するものと、架空の競走馬を育て調教し、ダービー馬に育てて行くものとがある。前者はパワーステークス等で、後者は、クラシック・ロードやダービー・スタリオン等。

    その他
  飛行機の操縦シミュレーション(ついこの間、問題になったやつ)とか、電車の運転手さんになるやつとかもある。パイロット・ウイングスとか、電車でGOとか。

アドベンチャー

  もちろん名の通り、冒険をするゲーム。主人公になって、そのシチュエーションの中で謎をといて、事件を解決していく。(事件といっても、殺人とか、強盗とかの、刑事事件ばかりではなく、日常的な出来事といった事件も含む。)
    アクション・アドベンチャー
  アクション・ゲームにアドベンチャーのなぞ解き要素の加わったもの。トゥーム・レイダース、マーヴェラス、メタルギア・ソリッド等。
    サウンド・ノヴェル
  画面で見る、音と画像つきの小説。時々、選択肢が出てきて、その選択で物語が変化していく。ちゃんと選択しないと、バッド・エンディング。正しいエンディングにあえない。弟切草、かまいたちの夜、魔女たちの眠り等。

シューティング

  これも文字通り、何かを撃つゲーム。銃で撃ったり、戦闘機でうったり、戦車砲で撃ったりと、いろいろだし、撃つターゲットのほうも、犯人だったり、エイリアンだったり、敵の軍隊だったりする。とにかく、撃って、撃って、撃って、敵を粉砕し勝つゲーム。
    3Dシューティング
  三次元的なフィールドでできる、シューティング・ゲーム。(2Dだと、縦横の平面世界での戦いになる。)動きに高い自由度が加わった。逆にいうと、敵キャラも自由に動くという事か?
エース・コンバットとか、ゼビウス3D等。2Dでは、グラディウス、R−TYPE等。
    ガン・シューティング
  銃を使うシューティング・ゲーム。オプションで銃がでているものが多い。ガンクライシス、バーチャコップ等。

アクション・ゲーム

  跳ぶ、走る、殴る、蹴る、時には転がる、等々の動きによって、敵をたおしていき、ステージのボスを倒し、次のステージへ。これを繰り返してラストのボスを倒しクリア。スーパーマリオ、ソニック・ザ・ヘッジホッグ等。

    対戦格闘
  普通のアクションゲームだと、こちらが一人とか二人でも、敵キャラがいっぱいでてくるが、対戦格闘は一対一。タッグ・バトルもある。たいてい必殺技とかあって、コマンドを覚えてないとやりにくい。中には、お手軽に必殺技が出せるモード付のソフトもある。鉄拳、ストリート・ファイター等。これにもシューティングのように2D、3D両方ある。

スポーツ

  各種スポーツのゲームがある。直接選手を動かすものと、監督とか、コーチになって、選手をきたえていくものがある。チーム運営のシミュレーションゲームになっているものもあるので、ちゃんとチェックして選んだ方がよい。野球、サッカー、バスケット・ボール、テニス、カーレース、ドッジ・ボール、ゲートボール、レスリング、ボクシング、キック・ボクシング、ゴルフ、スノー・ボード、スキー、相撲、釣り、ボーリング、アメフト等々、とにかく色々ある。ソフト名は特にあげない。タイトルに書いてある。

ボード・ゲーム(テーブル・ゲーム)

  双六タイプ、トランプ、花札、ダイス、クイズ、占い、囲碁、将棋、麻雀、オセロ、カジノ等のゲームの総称。結構色々な種類が出ている。スーパー桃太郎鉄道とか、ドカポン、人生ゲームなどのボード・ゲームは複数で、できる。その他は、大抵は一人用。ソフト名は割愛。
    パチンコ・パチスロ
  アクションとしての、パチンコ・パチスロゲームの他に、実際にある機種の攻略のためのシミュレーションをするタイプがある。
シミュレーション・タイプのものは、大抵、その機種のメーカー名とか、実機シミュレーションとかが、ソフトのタイトルに入っている。

パズル・ゲーム

  色々な種類がでている。上海のように、麻雀牌を使うもの、琉球のように、トランプを使うもの、ピクチャー・クロスワードなどの他、ジグソーのように、バラバラのピースを組み合わせて、絵を完成させるものもある。

    アクション・パズル
  パズル要素の大きいアクション・ゲーム。ボンバーマンは有名。
    落ちゲー
  上から落ちてくるパーツを一定の法則にのっとって消していくゲームの総称。ぷよぷよやテトリス、ぱずる玉等。

その他

  どれにも属さないものや(ゲームを作るゲームや、写真集等)、色々な要素の入ったミニ・ゲーム集、教育的な要素の強いもの、3つ以上のジャンルの入り組んだものなど。一言で括れないゲームが増えている。が、基本的に今まで述べたものを参考にして類推して欲しい。
  最近では音楽ゲームとしか言えないジャンルができてきている。パラッパラッパーあたりから始まった。音楽に合わせて、ステップ踏みーの、お皿回しーの、ボタン叩きーの、で、その正確さを競う?ゲーム群。ビートマニアとか、ダンス・ダンス・レボリューションとか色々。大型のアミューズメント施設とかに行くと、各種あるしまだまだ、増殖中。多分家庭用のソフトも、まだまだでてくるだろう。

例示したソフトが古めのが多いのは、著者が古めのゲームしかやったことない、という事情がおおいに影響している。また、例にとらなかったから、ダメゲーという訳ではない。単に著者が詳しくないだけである。

戻る次へ

トップへ   サイトマップへ